メーカートヨタ HIMEDIC
車種ハイエース HIMEDIC
施工個所TOYOTA HIMEDIC ハイメディック 救急車 リヤハッチドア部にLEDランプ取付施工
作業日数約1日

トヨタ車が販売しているトヨタテクノクラフト製HIMEDICの救急車(特殊車両)にランプ取付しました。

救急車のリヤドアを開けて救護作業をしているときに、車両や自転車を乗っている人からはリヤドアを跳ね上げて使用していると場所などの影響から死角になってしまうことがあります。死角になってしまい思いもよらない事故が起きているようです。

HIMEDIC 救急車

この高さのリヤハッチドアへの人の衝突や車両の衝突を防ぐためにLEDランプを取り付ける依頼がありました。

HIMEDIC 救急車

リヤハッチドアの下をあけた状態での救護活動中に2次被害が起きることもあります。これを防ぐためにということで、リヤハッチドアの後方面からと、左右から確認できるようにと、回転灯と同じタイミングで点滅するランプを取り付けました。

後方のアシストハンドルベルトを取り外し、緊急開閉用のハンドルを取り外します。

その後、内張りを丁寧に外します。クリップで取り付けてありますが、クリップは数個破損してしまうくらい固いものでした。内装の傷や曲りがないことが優先なのでクリップは致し方ないと判断しました。

回転灯のハーネスを分岐して、後方用のランプとサイド用ランプに接続できるように改造しました。

分解した順番に元に戻していきました。

HIMEDIC 救急車

LEDは消費電力が少ないですが、器具の容量を再確認して追加して問題ないことを確認して取付します。

取り付け部分には、LEDランプの取付穴がないので、LEDランプを仮り合わせして位置を決めました。

穴の位置をマークした後に、リヤハッチパネルの内側に下穴をあけた後にランプ固定用のグロメットサイズの穴をあけました。錆防止で、パネル部分に錆止めを施工しました。

HIMEDIC 救急車

LEDランプを取り付けて、点灯確認。完了になりました。