トラック・バス・特殊車両の専門医として
誠実なサービスを提供します。

トラック・バス・特殊車両の専門医として誠実なサービスを提供します。

会社案内
ディーラーから依頼の修理をメインに、事故修理ボデーやフレーム修理改造を行っています。
業務用車両に対して、速やかに対応して、社会に貢献し続けます。
栃木県を中心に北関東エリアで業務用車両(トラック・バス・特殊車両)の事故修理・架装・板金・塗装ならお任せ下さい!
60年以上のノウハウと経験を活かし、丁寧な対応を心掛け、
もしもの時も「大型車両の専門医」として迅速にお客様に貢献できればと務めております。

丁寧に、迅速に、確実に

丁寧に、迅速に、確実に
事故や故障、改造などは、お客様にとって不安で分からないことがたくさんあると思います。私たちは、お客様から相談いただいた時から、お客様の立場に立ってサポートさせていただきます。修理完了後も、車のことから税金のこと、保険のことなど様々な悩みに積極的にフォローさせていただきます。

専門家を育成

専門家を育成
この仕事を天職として、多様な人材の個性を大切にしながら、正義感をもって、業務に向かっています。専門性と総合力のある本物の一流の専門家になるために、自社独自の勉強会を月に一回開き、それぞれの専門家を育成する研修を実施しております。

代表挨拶

祖父、柳沼政雄により昭和12年に創業され、昭和34年に有限会社 柳沼ボデー工場として設立以来、トラックやバスの修理に特化したサービスを展開し成長発展を遂げてきました。
創業以来、業務用車両の事故修理を継続的に続けています。それは、運送業の経営を助ける事であり、流通の円滑化、さらには人々の生活基盤に貢献してきたと考えています。
私たちは、大型車両の専門医として、いち早く的確な判断により貢献することが求められていると感じています。あってはならない時に社会の支えとなり、修理を通して運送業を助け、流通の速やかな流れを求めることが、私たちの生活、社会を助ける事と考えます。大型自動車の専門医として日本一の職人集団を目指していきます。
創業者の念いと歴史を受け、3代目として、トラック・バスの専門医として、信頼される誠実なサービスを提供し続け、円滑な物流から生み出される人々の豊かな生活に貢献することを目指し続けていきます。
柳沼ボデー工場は、全社員の物心両面の豊かさを追求していきます。

一、お客様に誠実なサービスを提供いたします。
一、企業価値を高め、生活基盤に貢献いたします。
代表取締役 柳沼文秀

会社概要

会社名
有限会社柳沼ボデー工場
代表取締役
柳沼 文秀
資本金
10,000,000円
設立
昭和34年4月4日
住所
〒321-0103 栃木県宇都宮市台新田町161
電話・ファックス番号
TEL:028-658-1998 FAX:028-658-1983
敷地面積
6,800㎡(工場:2,500㎡/事務所:250㎡)
事業所資格
東京陸運局 認証工場取得 6-981

沿革

創業

  • 1937年

    創業

  • 1947年

    栃木県宇都宮市鶴田町に移転

  • 1955年

    栃木県宇都宮市台新田町に移転

  • 1959年

    有限会社柳沼ボデー工場 設立

  • 1987年

    200坪工場増築

  • 1990年

    200坪工場増築

  • 2013年

    新工場建設

  • 2016年

    中期経営計画(2016年~2020年)スタート

  • 2021年

    新工場に天井クレーン増設

現在