メーカー日野
車種プロフィア
施工個所日野のプロフィアの下回り防錆塗装です。型式はFS1EJです。
作業日数約3日

日野のプロフィアの下回り防錆塗装です。トラックの型式はFS1EJです。

凍結防止剤や融雪剤などの影響で鉄は腐食してしまうため、錆を防止するために、鉄の部分を塗装していきました。

四季のある日本では、防錆塗装をすると、長期間にわたり錆などを防ぐ効果が期待する事が出来ます。

凍結防止剤は、凍結温度を下げて凍りにくくするもので、降雪に備える商品です。

凍結防止剤とは、塩化ナトリウムです。塩化ナトリウムの凝固点は、-20度程度です。融雪剤(塩化カルシウム)と比較するとその温度は高くなっていますが、塩化ナトリウムの特徴は持続力を長く保つことができる効果です。だから、凍結防止剤(塩化ナトリウム)は、降雪に備えることに適しています。

融雪剤は、熱を利用して雪を溶かすもので、雪が積もった道に撒くのに適しています。

融雪剤とは、塩化カルシウムです。 塩化カルシウムは、凝固点を-50度程度まで引き下げることができるということです。ー50°まで下がると、極寒地(寒冷地)でも多くの雪を解かすことができます。融雪剤(塩化カルシウム)の効果は、数分から十数分程度で現れるので即効性に優れています。

新型プロフィアです。キャビンは黒塗装が終わった状態で入庫してきました。

キャビンとはキャブとも言われ、人が乗って運転する場所を言います。

グリルが4段あるのでハイキャブの標準ルーフになります。下の参考図を見てください。

塗装ミストが飛散付着しないようにフロントバンパーをヘッドライト付きで取り外しました。

キャブのフロントパネルも取り外しました。

マフラーカバーも取り外し、エアータンクはマスキング処理をしました。

バッテリーは取り外して作業しました。

塗装後の写真になりますが、前回りはキャビン以外は取り外しての作業になります。

左側ですが、ステップ回りはすべて取り外して塗装します。

キャビンの下側の関しては、色の付着を防ぐため、丁寧にマスキングします。

エンジン回りに関しても、細かいところまでマスキングしました。

ハブボルトを丁寧にマスキングして塗装しているので、下側の写真のような仕上がりになります。

エンジン部分元のままになっています。

前側部分です。インタークーラーやラジエターは丁寧にマスキングを行ったため

マスキングを取り外すと色の差がはっきりわかる仕上がりです。

リヤバンパーのステーも単体で別に塗装しました。

バッテリーを押さえているステーになります。

正面は赤塗装したもので右側は下塗りをした状態の物です。

細かいステーも、このように単体塗装しております。

細かい部品も見えなくなってしまいますが、錆を防止するためにこのように塗装しています。

塗装完了して、マスキングしたものを外したものです。

塗装完了後1日置いた後に元のように組み付けて完成になります。

海沿いで塩水がかかる恐れがある地域や積雪のある地域、融雪剤の散布がある地域の方は、錆びを防止して、腐食させないために、新車時に塗装することを勧めます。