車種全大協
施工個所全大協の事故車損害算定参考資料 令和2年6月改定版 6月より販売開始
作業日数約300日

全大協とは?
全国大型自動車整備工場経営協議会を短くしたもので
通称ぜんだいきょう
と呼ばれています。

事故車損害算定参考資料を作成している団体です。

 『事故車損害算定参考資料(令和2年6月改訂版)』は
全国大型自動車整備工場経営協議会が、
日本工業規格JIS Z8141:2001を基本として
整備工場の各作業時間(部品ごとの主作業時間+準備時間)及び
高所作業等法令に基づく作業安全、難易度を考慮して算出し、
事故車両 の復元修理作業に要する工数を迅速かつ
適切に算定するための参考資料として作成したものです。

 工数は実作業の準備作業も含めた平均値を元に一つの目安として定めています。
運用の際は個々の整備工場の実情等を考慮して活用してください。
作業項目の工数は摘要欄に従った形でその作業のみの工数を表していますので、
摘要欄の内容を充分理解した上で参考にしてください。
損害の程度は事故車両ごとに異なり事故車両の状況に応じた適正な活用が必要となります。

弊社に事故車が入庫したときには、基準となるものの参考資料として使用させていただいています。

全国大型自動車整備工場経営協議会ホームページです。

http://www.zendaikyo.com/menu/home/index.html

『事故車損害算定参考資料(令和2年6月) 三菱ふそう トラック編』は製作日数延べ約300日をかけて
一つ一つの補給部品の検証、ボルトの数、作業工具の検証を行っております。

三菱ふそうの小型・中型・大型トラックの工数が掲載されています。

スーパーグレート・ファイター・キャンターについての事故車の見積を書くときに役に立っています。