2022年(令和4年)5月31日発行
1892年3月26日第3種郵便物認可 1878年(明治11年)創刊の下野新聞

2022年(令和4年)5月31日(火曜日)
下野新聞 8面 企画特集に協力させていただきました。 

「必ず止まってくれる栃木県」を目指して
「止まってくれる!」全国1位を目指して!
に協力させていただきました。

必ず止まってくれる栃木県 下野新聞
歩行者のいる横断歩道では
一時停止が義務付けられています。

「TEAM STOP TOCHIGI」は、思いやりの心をもった、みんなに優しい運転をするドライバーが一人でも増えることを願い、2019年より下野新聞が企画した交通啓発キャンペーンです。信号機のない横断歩道で車が一時停止した割合が2018年の
調査(日本自動車連盟 〈JAF〉調べ)では、栃木県は最下位でしたが、2021年の調査では、全国22位まで上昇しました。停止率も全国平均を超えましたが、さらなるドライバーの横断歩道における一時停止の意識向上が必要です。
全国1位を目指して、「TEAM STOP TOCHIGI 2022」がスタートします。

「必ず止まってくれる栃木県」を目指して 「止まってくれる!」全国1位を目指して! に協力させていただきました。

安全・安心なとちぎの道をつくるために再確認を!

横断歩道手前では減速
横断歩道に接近する場合は、歩行者がいないことが明らかな場合を除き、横断歩道等の直前で停止できる速度で走らなければいけません。

歩行者がいなくても安全確認
横断歩道等の手前に停止車両がある場合は、側方を通過して前に出る前に一時停止しなければいけません。

歩行者優先、車両は停止
横断中の歩行者や横断しようとしている歩行者がいるときは横断歩道等の手前で一時停止し、歩行者の通行を妨げてはいけません。

歩行者も意思表示と安全確認
横断しようとしていることが通過車両に分かるように手を上げる等の意思表示をしましょう。
また横断する前に左右の安全確認をし、車両が停止したのを確認してから横断しましょう。

「必ず止まってくれる栃木県」を目指して 「止まってくれる!」全国1位を目指して! に協力させていただきました。

「TEAM STOP TOCHIGI」は、思いやりの心をもった、みんなに優しい運転をするドライバーが一人でも増えることを願い、2019年より下野新聞が企画した交通啓発キャンペーンです。