メーカー三菱ふそう
車種家畜運搬車
年式2013年式
施工個所家畜運搬車 ボデー内アルミ床板亀裂
作業日数約1日

家畜運搬車のボデー内部の修理です。

補修したところに亀裂が入ってしまったため、緊急に修理してほしいとの要望でした。

溶接してあるところが割れてしまっているので、

亀裂部分をサンダーでV型に溝を掘り削りました。

亀裂の最後の部分はこれ以上進まないように、ドリルで穴をあけました。

その後、TIG溶接にてアルミ溶接いたしました。

お客様が待っている間に修理を完成させて、家畜の集荷に間に合いました。

弊社では、株式会社 ダイヘン 社製 Welbee Inverter A350Pを使用して作業しています。

TIG溶接とは
Tungsten Inert GasArc Weldingの略で、TIG溶接は、熱に強いタングステン電極(T)を持ち、その周囲に不活性ガス(イナートガス)を流して溶接する方法です。溶接箇所に酸素が無く材料が酸化されないため、ステンレス鋼やアルミニウム合金の溶接ができるのが特徴です。不活性ガス(イナートガス)にアルゴンガスを使用することが多いため、アルゴン溶接と呼ばれることもあります。