2021年11月中旬より家畜運搬車の製作を開始いたしました。

日野自動車 デュトロ 3.5t車で牛運搬車製造します。
牛運搬車です。
床の素材をステンレス縞板で設計しました。
ステンレスはアルミ以上に腐食性にすぐれており、
耐久性に優れています。

強度は鉄より強く、アルミの床板の下に木材を使用したもの以上に
腐食、耐久性、耐消毒に優れています。

運搬時に糞尿などが外に流れ出ないように
床の左右と後端床部分に溝を設計しました。

左右のあおり(アルミブロック)から流れ出た時でも対策できるように
土台を返し機構、その側に曲げて飛散を防止しました。

前方部分に取り付けるウィンチは、前方のフレーム部分に取付
ボディ内の前側上部部分からはワイヤーのみが出ている構造の設計です。

後方の登坂板は扉構造で設計しました。
扉はアルミブロックの組み込み扉を使用しています。
表面に腐食防止にステンレス
登坂部分はアルミを加工したものを取り付けます。

縦根太、横根太をアルミ製で製作
ボディのずれを防ぐためのブラケット
対向ブラケットをステンレスでオリジナルで製作しました。

弊社では設計にAUTODESK社のFusion360を使用しています。
2DCAD図面はある方向からの書かれています。
引き出し線、陰線などの線も含まれています。

3DCAD図面があれば、お客様が形状を直感的に理解できます。

設計段階で家畜運搬車の試作品を簡単に製作することができます
複雑な部品であっても、3次元形状3DCADがあれば形状を理解するための工数を削減して、加工方法の検討ができます。
3DCADで部品を組みあわせた際の干渉チェックや解析、動作確認ができるため、干渉などのケアレスミスや設計の後戻りを防ぐ事が出来ます。

3DCADで作った3D形状があれば、試作に関わる工数や費用の削減にもつながります。
Fusion360のデータは二次元化することもでき
3次元CADで3Dデータを作成していれば二次元図面への投影がスムーズなので導入致しました。

牛家畜運搬車の設計製作
完成予定は2022年1月末を予定しております。