メーカーモリタエコノス
車種バキュームカー
施工個所スペヤタイヤ加工取付
作業日数約3日

バキュームカーの新車の架装です。
車輌はISUZUのエルフです。
新車の時点ではスペヤタイヤがありませんでした。
左後の工具箱を撤去することにより
スペヤタイヤがつくスペースを確保できるので
この場所に取り付けることにしました。

工具箱取り外し後、フレームに取り付けてあったブラケットをとりはずしました。

タンクのアースがフレームについていたので、取り外しました。
アース用にボルトが溶接してあったので、切断後、サンダーにて仕上げました。
スペヤタイヤのブラケットを付けるのに、干渉するため一度取り外しました。

 

スペヤタイヤハンガーが斜めに取りつくものがなかったので
タイヤが収まるところを鉄の丸棒を曲げて、タイヤにフィットするようにしました。
タイヤの落下防止も兼ねています。
加工したものを溶接するにあたり、溶接不良を防ぐため
溶接する予定の部分の塗装をはがしました。

 

 

フレームに対して45度の角度で取り付くように
スペヤタイヤハンバーを製作。
フレームから離さないとタイヤが干渉してしまうため、
ブラケットを製作して、スペヤタイヤハンガーをスペーサーに直接溶接しました。
すべてオリジナルで製作しました。
タイヤをスペヤタイヤハンガーにつけた状態で位置を合わせて
干渉しないことを確認した後に、仮合わせをしました。

タンクとフレームをつなぐアースの場所を変更しました。
新車と同じようにボルトをフレームに溶接して、アースをとりました。

スペヤタイヤハンガーは部品単体で塗装した後に取付しました。
フレームへの取り付けはボルトにしたため、必要が無くなった時も外せるようにしてあります。